あげんについて ブログ 過去の公演案内 ミュージカルの創り方 観劇・能・ダンス・大道芸とか
三茶deボランティア メンタルケア とか 八ヶ岳ライフ 食べもの系 日本人・考
お絵描きとか 旅のアルバム おもちゃコレクション 読んだ本とか でんでん日記
事件でした 大震災のあと ブログ以前の日々 14歳のわたし あげん に メール
2012/11/19-21 屋久島 アルバムその2
思いついて屋久島に行ってきましたぁ!  トレッキングと島の周回。3日間のツアーです。

 

ところどころ紅葉が見えました。
 
屋久島は気温差がそれほどないのと、常緑樹が多いのとで、
今が精一杯の紅葉の季節だそうです。


帰り道です。小杉谷小・中学校跡で休憩。
橋の上から見下ろした安房川。このあとはるか下に魚影(ヤマメ?)が見えました。
 
この周辺に人が住んでいた頃、多摩川からの稚魚を放流した名残らしい。
基本、水がキレイすぎて藻が育たず、魚も居つけないようです。

本日のガイド佐藤さんと。朴訥としたステキなお人柄。
苔や地衣類のお話が特に詳しかったような。


2012/11/21
3日目です。白谷雲水峡。
屋久島そのものが花崗岩の塊です。
岩の上に苔が生え、その上に植物が生えている。
ゆえに木々の根は潜れず、地表をぐねぐねと這っているワケ。

島を作る花崗岩が割れ、その割れ目が川や滝になる。


二代大杉
屋久鹿や猿に遭遇。本土より小ぶりです。
そして人を恐れません。
 
鹿は増えすぎだと、そろそろ問題になっているみたい。
弥生杉のてっぺん。
弥生杉の根元。
これは気根。
ウミガメの産卵地、いなか浜。
(なんで水平に撮れないかな、自分)

西部林道
 
世界遺産の中、唯一車で抜けられます。
しばし下車してお散歩。


世界遺産の登録された理由のひとつ。この急勾配に標高ごとの森林帯が手付かずで残されています。


大川(おうこ)の滝。雨が多い季節は、全面が滝になるそうです。
この辺は堆積岩。(岩に横筋が入ってます)
 
屋久島は、隆起した花崗岩のかたまりをU字に囲む堆積岩で出来ているそうです。

滝つぼ近くまで岩伝いに行きました。うっすらと虹がかかってました。


千尋(せんじゅ)の滝。雨の季節は左の大岩も滝になるって。

帰りは屋久島空港からプロペラくんで鹿児島空港へ。
楽しかった! とてもいい旅でした〜


→ 屋久島について

→ 屋久島 アルバムその1へ

▲ このページのTOPへ

◆ このサイト内の著作権はすべてサイト管理人が所有しています。 copyright AHARA Noliko all rights reserved.

inserted by FC2 system