あげんについて ブログ 過去の公演案内 ミュージカルの創り方 観劇・能・ダンス・大道芸とか
三茶deボランティア メンタルケア とか 八ヶ岳ライフ 食べもの系 日本人・考
お絵描きとか 旅のアルバム おもちゃコレクション 読んだ本とか でんでん日記
事件でした 大震災のあと ブログ以前の日々 14歳のわたし あげん に メール
2010/9/4-10 ロシア アルバム その8
7日間のロシアの旅です。 500枚くらい撮った写真の中から347枚を紹介〜〜♪

 

鐘の皇帝。世界最大。
火事のとき水をかけてしまって割れたそうです。消火活動してた人たち、びっくりしただろうねえ。
そのとき、どんな音がしたのだろうな。鐘は泣いたのかな。
 
しかし、こんなに分厚いのね。
あの白い台の場所に、昔はレーニン像があったとか。
この公園、姫りんごがいっぱい実をつけている。取って食べてよし。ただし、手が届くところに実はなかった。
ガイドさんが説明しているのは、ガガーリンが植樹した木。
バスから見た、ボリショイバレエ劇場。
昼食。メニューの「コーク」を頼んだら、これが出てきました。あれ?
 
このとき食べた野菜スープが美味で、あとからガイドさんに言ったら、いろんな野菜や大麦と一緒に塩漬けのきゅーりが入っているとのこと。
塩漬け? ピクルスではなくて? ロシアではいろんなものを塩漬けにします。あまり酢漬けにはしません。
そのときは納得したが、その話を他の人にしていて気付いた。
きゅーりの塩漬けって、それって、日本で言う浅漬けのこと???
ずっと気になってたのだが、左からテーブル用の塩・胡椒・砂糖です。
フタがなくても湿気ないのか???
赤の広場に向かう。ワシリー寺院の裏側。
例によって、ごっちゃんはかわいい、ステキ!と、はしゃいでいる。
赤の広場です。イベントの最中です。どこが歴史的に有名な赤の広場なんだ?
(このおわびで、クレムリンのダイヤモンド庫見学が組み込まれました)
 
「赤の広場」の赤は美しいという意味だそうです。ずうっと違う意味にとっていたのは、わたしだけではないと思うけど。
赤イコール美、と知ると、小説とかの解釈が変わってくるときが出てくる。
さっきクレムリンからも見た時計台。入り口の上にあるイコンがとても信仰を集めていて、通るときその下で十字を切るそうです。
ロシア正教の十字は、昔は指全部、ある時期からは三位一体を意味して3本指で切る。上下右左。
ワシリー教会正面、完全に逆光。みなさん苦労して写真を撮る。
これは、あとから少し画像処理しました。
昔は首切り台だったって。
いいのか、こんなことして。
 
ロシアには怪談の類はないのか??
老舗デパート、グム。
赤の広場に資本主義な屋台が並ぶ。うーむ。
国立歴史博物館。
レーニン廟。近づけないぞ。
赤の広場で、何をしようというのだろう。
デパートに入ります。キリル文字で、グムと書いてあります。
みんなでアイスクリームの買い食い。甘い〜。
ホントに幸せそうだよね、と、同行者のひとりがわたしからカメラを取り上げて撮ってくれました。
はい。
アイスクリームを与えておけば機嫌がいいと、よく言われます。
デパート内のショッピングモール。一流ブランド店に並んで資生堂の香水が。
マトリョーシカも高級そうだな。
赤の広場らしい写真をと思ったのだが。
どうでしょう。
→ ロシア アルバムその9へ
▲ このページのTOPへ

◆ このサイト内の著作権はすべてサイト管理人が所有しています。 copyright AHARA Noliko all rights reserved.

inserted by FC2 system