あげんについて ブログ 過去の公演案内 ミュージカルの創り方 観劇・能・ダンス・大道芸とか
三茶deボランティア メンタルケア とか 八ヶ岳ライフ 食べもの系 日本人・考
お絵描きとか 旅のアルバム おもちゃコレクション 読んだ本とか でんでん日記
事件でした 大震災のあと ブログ以前の日々 14歳のわたし あげん に メール
2010/9/4-10 ロシア アルバム その7
7日間のロシアの旅です。 500枚くらい撮った写真の中から347枚を紹介〜〜♪

 

マトリョーシカ工房、訪問。
 
ここの土産物屋も、お店の呈を為していなくて。でも日本人に買ってもらうことに必死で。
わたしは冷ややかに廊下の写真を眺めてました。(←コラコラ)
 
職人さんの作業は美しくて、感激。
他のメンツが去ったあとも、去りがたく作業を見ていた女子がふたり。
職人さんが突然、一緒に写真を撮ろうと言ってくださり。お互いにカメラを持ち替えて、それぞれ記念写真!
で、マトリョーシカの絵付け体験だぴょん。
6色のポスターカラーと2本の筆と小皿と水。
って、たった40分じゃ無理です。
 
えーと。自分は確か美大を出て、プロもやってたよな。やってたはず。
なのに。
なのに。
と、このあと30分くらい、どぉーんと落ち込む。
(でもねっ。肌色は3色を混ぜて自分で作り、頬紅は濡れティッシュで入れてるんだからねっ)
夕飯のフォークロアショー。
この写真を見た、帰りの飛行機で一緒だったロシア人から、チェックが入る。
フォークロアならギターでは嘘だ。バラライカでなきゃ、って。
それは、そうか。
でもこのギターさん、歌がかなり上手だったから許す。日本語の歌詞の発音、完璧だったし。(んで、この人、終わったらわたしの眼を見て、評価の確認をした。なんでわたしだ?)
ホテルの窓から。
2010/9/8
5日目。モスクワの朝焼け〜
ホテルの部屋にはガスマスクがひとつ。ツインなんだが。
あとで同行者のひとりとの話題にしたら、かわりばんこにふたりで使えってことじゃないですか?って。
 
8月のモスクワは、猛暑が原因で近隣の森で火災が起こり、スモッグに包まれていたそうだ。
アメリカでは観光を含めて渡航を禁止、日本はOK。外交の駆け引きが見えるような気がした。
 
わたしたちの滞在中は、気配もなかった。 けれど。
煙突から立ちのぼる煙と、プレート状の雲の関係性がとても不吉な風景に見えて、シャッターを切ってしまった。偶然の風景なんだと思うけど。
 
ロシアは火力発電が中心だと説明されたせいだと思うけど。
 
日本の政策で、経済を動かすためにエコエコと騒ぐのをとても苦々しく感じてることもあり、
日本のささやかなエコ活動以前の地球の問題を考えなきゃいけないんだろうにな、と思う。
でもそれは、例えば日本がロシアの何かを手助けすることなのか?と思うと、話は難しくなってくる。
モスクワ名物のひとつ。大渋滞。
 
この街は、路駐もハンパない。
バスを降りてクレムリンに向かう途中、クラクションの大大合唱あり。
車を延々と止めているおまわりさんへの抗議。
なんか大物が車で通るための規制だったようだが、誰だったんだか。
クラクションの大大合唱隊のみなさん。
クレムリンです。ボロヴィツカヤ塔から入りました。
城塞だなぁ。
このあと、武器庫とダイヤモンド庫の見学をしたぴょん。
歴代の見事を通り越した工芸品とか衣裳とか、ロシアで一番大きなダイヤモンドがついた勺とか。
 
どれも派手派手すぎて、日本人の感覚では趣味がいいのか悪いのか判断が微妙なラインも。
でもね、これを至上の美とする民族がいるということです。余白の美を愛でる民族は、意識して理解の翼を拡げるべき。
クレムリン宮殿。
空色に映えるね。
この旅行で大好きだったご夫婦。
 
ペテルブルグの公園のトイレにならんでいるとき、奥様の姿勢を見て「腰が痛いンじゃないですか?」と気付いたのね。うーん、ご主人様の年代だと、人前で奥様に構うの遠慮されるかなと思い、いろいろと小さなおせっかいを始める。
そしたらある坂道で、奥様の手を掴んで歩こうとされたの。奥様のほうが照れて払おうとされてるから、「もぅ、手を引いてもらえばいいじゃないですか♪」
以来おふたりは、ずっと手をつないで歩かれてました。奥様のほうから、つないでと指をのばしてるのも見た。ステキだなぁと思っていたので、おっチャンス!とパチリ。
城壁の向こうの街を望む。この風景に施政者は何を思うのか。
アルハンゲリスキー大聖堂。
ウスペンスキー大聖堂。
歴史的な場面で、この広場に民衆が集い演説があった。
と、説明されたように思う。
あの金色のタマネギの下にひとつずつ、王妃(その他)たちのための教会があるとか。
王侯貴族たちにとっての教会とは何を意味したのだろうと考えると、ちょっと興味深い。
ロシア正教独特の十字架のデザインも。
十二使徒教会。
コンサートホール。
観光用の博物館と現役の政治中枢が歴史建造物群の中に同居してる空間にもびっくりだが、こんな建物もあるというコトにもびっくり。
マルメロの実だそうです。
同行者の中には登山もお好きで植物に詳しい方がいて、いろいろ教えていただく。
大統領府。
大砲の皇帝。使用されたことはなく、弾も上の1個以外は装飾用とか。
→ ロシア アルバムその8へ
▲ このページのTOPへ

◆ このサイト内の著作権はすべてサイト管理人が所有しています。 copyright AHARA Noliko all rights reserved.

inserted by FC2 system