劇団[バルゼロナナ]
  
 

日本劇作家協会戯曲セミナー第7期生's
劇団[バルゼロナナ]
The 1st

 


荻窪メガバックスシアター 2009年1月9日(金) >> 11日(日)

出演
内谷正文 調布大 菅田華絵 長田育恵 吉田真穂子

佐野友美(客演)

森内礼子(声の出演)

  

作 阿原乃里子  演出 田中圭介

演出助手 斎藤淳

  

照明 大野正光

音響プラン 余田崇徳

音響オペレーター 竹田雄

   

舞台監督 横道 闌

小道具補 高田匂子

宣伝美術 阿原乃里子

  

映像記録 濱田陽子

制作補 西みゆき

  

制作 劇団[バルゼロナナ]

 

special thanks

梶山明子 桜庭倫子 花田孝文

村上ひろ子

  

協力 (セミナー生)

稲田実 高宮尚貴 森路敏

杉山百合子 辻靖子

和田沙緒里

 

公演日程
料金/日時指定・全席自由
前売り
2,000円
当日券
2,200円
STORY

今夜 

森の奥の洋館で女がひとり死にかけている。

女は資産家で家族がいない。

居間には親戚を名乗る者たちが群れている。

別室には古い友人たちが集う。

そのひとりが連れてきたひとりの少女…… 

 

まだ夜は明けない。

かれらは人が死ぬことを待っている。

劇団[バルゼロナナ] とは……
 
日本劇作家協会戯曲セミナー第7期生によるユニットです。
 
戯曲セミナーですから、立たる講師陣の元で一年かけて一緒に戯曲の書き方を勉強しました。
 
で、まあ、言い古されたことですが、
戯曲というものは書いただけでは成立しない。黙読されたり声に出して読まれたところで同じ。お客様の前で舞台空間を立ち上げ上演しなければ。
ということで劇作家たちが共同で自分の作品を公演できる劇団=演劇システム を考えました。日本では通常、一劇団一作家ですが無謀にもその逆?をいこうってわけです。
この一歩から何が始まるのか。

本公演はもちろん今後の活動もお見逃しなく。よろしくご支援ご鞭撻ください。
 阿原 乃里子

  

 copyright G-BalZeroNana all rights reserved.

inserted by FC2 system