あげんについて ブログ 過去の公演案内 ミュージカルの創り方 観劇・能・ダンス・大道芸とか
三茶deボランティア メンタルケア とか 八ヶ岳ライフ 食べもの系 日本人・考
お絵描きとか 旅のアルバム おもちゃコレクション 読んだ本とか でんでん日記
事件でした 大震災のあと ブログ以前の日々 14歳のわたし あげん に メール
かたつむりがやってきた 2010/01/18

いいなぁ、かたつむり」と言ったら、友人でじ の目がきらりんとした。
「それだったら飼えるかなぁ。 山梨の家にいくときにも持っていけそうだし」

でじの趣味のひとつは小動物の飼育であり、増えすぎて困るという話題にわたしはウカウカと乗っかってしまった。

 

昨日、「送りました〜」とメール。 「でんでん10匹。途中でご臨終してたらごめんなさい」……って、マジ宅配?
そして今朝は早々に。 ピンポンで起こされた。

届いた。 

  

開けた。 ペットボトルかぃ。
一緒に入っていた白いのはカトルボーン、でんでんの殻用エサ(ホントは小鳥用)。
よかった、もっとデカいかたつむりを想像してたョ。

2010011809360000  

近所の熱帯魚屋さんに水槽を買いにいくかなと思いながら、PC検索。
かたつむり 飼い方
空き瓶とか書いてあったので、そうか、と、引退していた冷水ポットを使うことにする。
注ぎ口を開けてれば少しは換気になるし。
(密封しても、しなくても可。 逃げ出さないこと。 乾かさないこと)

笑笑っ。 朝ごはんも、コーヒーさえも入れないで、そのまま作業。

濡れ新聞を敷いて、
ガラスのお猪口に水とベランダの土を入れて。(完全に乾燥させた土って水に浮くって知ってた?)
割り箸とレタスとカトルボーンを1片。
霧吹きで水を吹き込む。

ペットボトルの底をカッターで切り裂き、お引越ししてもらう。

2010011810050001  

こんな感じ?

元気のいいのはさっそく伸びて、うんちして。
このコはダメだったかなぁ、様子みよう、というのもいる。

2010011810230001  

次は置く場所だが。 
とりあえず眺めてたいので机に。
しばらくして、暗いほうがいいよな、と風呂敷を被せてみる。
もうしばらくして、PCの近くって電磁波があるからダメかな?と床に移す。

おろおろおろおろ。

この部屋、寒い? 冬眠をさせる、させないとか書いてあったな。

おろおろおろおろ。

大丈夫かなぁ。
生き物を飼うの、小学校のときの猫以来?

かたつむりも飼えないの?ナンテことになりませんように。

  

水槽に 2010/01/20

だって あげん のやることなんだろう?と思っていた方、正解です。
さっき でんでんs のために水槽を買ってきました。 (>_<)

いゃ、こんなにウンチをするとは思わなくて(生きてるネ)、
こりゃ絶対に、手をつっこんで濡れティッシュで壁をふける大きさが欲しい、と。

お引越しついでに、全員で記念写真。

菜に7/10匹しか見えないのは、
2匹がすでに土にもぐっているから(冬眠モード?)で、
土の上に乗せてある1匹はやっぱダメだったかもしれないコ。

で、このコの可能性が高いのだが、3日めにして土にはタマゴを発見。

Cimg0690

季節外れの産卵は生まれる可能性がスゴク低いらしいが、
引越しのストレスで自分がダメだと思って産卵したのかなと思うと、
とてもいじらしい。
思わず、父親は誰だ!とか他の9匹をなじってみる。 (かたつむりは雌雄同体)

水槽はこんな感じ。

Cimg0692

ネットのいろんな場所でいろんなコトを教わり、
レタスは栄養価が低いだの、時にはバナナも(ほんとかね?)、とか。
あげん のことですから、青梗菜とバナナ、買ってきましたヨ。
今後は、かたつむりと食べ物を分け合って暮らしていく、自分。

Cimg0693

暗いほうがよかろうと、風呂敷を被せたところ。

土を入れた小さな植木鉢をもうひとつ、いれてやるべきか思案中。
でもみんなが土にもぐって冬眠しちゃったら、わたしがつまんない。
うちの部屋は室温17度くらいで(コタツ愛用者には充分)、かたつむりには少し低め。

風呂敷でなくて黒いフリースにしようか、とか。
カイロか電球かで温めたほうがいいのかな、とか。
思案は尽きぬのな。

というわけで水槽の前には、椅子が常備。
(同居人がいないから出来ることです 6(^_^))

Cimg0694

  

エッチした? 2010/01/21

お、これがかたつむりのエッチか?とじぃぃぃぃっと見ていたら、いやに人間的な間合いで、よそよそと離れていきました。
野暮をしましたかね?

Cimg0696

栄養価の高いバナナを食べて欲情したのか?

日本のかたつむりの殻がほぼ右巻きであるのは、すれ違う形で交尾するためで(乗っかる種もあるそうです)、そうして残される遺伝子は当然右巻きだけになる、とか。
こういう生物の神秘というのかが興味深いのだが、我が家のでんでんはちびちびなので、老眼での観察は難しい。
しかし研究者さんたちはどうやって、でんでんのエッチの仕方を解明したんだろう。 謎だ。

 

1日目に入れたフリルレタスに比べて、2日目に入れた青梗菜の喰いっぷりは見事だったが、
バナナを入れたら青梗菜には見向きもしない。
2日目は暖かかったから?とも考えられるか?
バナナを食べると、今までは緑だった糞がちゃんと白くなる。

青梗菜は緑のところしか食べないようなので、2回目は上半分だけを切り取って置く。
と、
萎れ方が早いような。 いろいろ、ある。
明日はどんな切り取り方をしようか。

 

1日たって、水槽内はこんな感じに。 (*^_^*) こういう白い枝が自宅にあるってことからが、いかにもわたしでしょ。

Cimg0698

そして、かたつむりって、まじ、湿った素焼きの植木鉢が好きなんだねえ、と判明。
入れてよかったようだな。

Cimg0700

心配してたコは復活。
土にもぐっていた2匹のうち、昨日は1匹が這い出してきて。 9匹の大運動会。
場所によってはあのへなちょこの1点で、殻を含めた全身を支えられる筋力(?)はすごい。
で、
となると、土の隙間に見えてる埋もれた1匹が、実は心配。 生きてるのかな?

今日の夜になって、冷えてきたのか縮んできたのが数匹いる。 どうしよう。

 

 

かたつむりが軟体を乾燥から守る(閉じこもる)ために、殻口に張る粘液の膜のことを、「エピフラム」(epiphram)と呼ぶそうです。
乾燥するとセロファンのような質感の膜になり、微小な穴も開いていて、窒息しないようになっている、とか。 かたつむり同士で食べたりもする(←素人さんの観察ブログより)らしい。

『エピフラム』。 はい、芝居のタイトル候補、かも。

  

家の中 2010/02/10

でんでんsの水槽を掃除しながら数えると、5匹しかいない。

寒さがいよいよ厳しかったとき、使い捨ての簡易カイロを水槽の上に置いたりしていたのだが(冷めるとしばらく身につけて発熱させる)、
外の空気がぬるくなったからとやめたら、
何故、土にもぐる? そんなに寒いのか?
水槽の外につるしている温度計は、室温にはそんなに変化ないとしているのだが。 水槽内に吊るすと数字が変わるのか。  

ホカロンを復活か、このまま見守るか。 んん、どうしよう。

エサの喰いっぷりにもムラがある。 ちゃんと日誌をつけると関連性が見えてくんのかなぁ。
喰うだけ喰うと、出るものもスゴイ。

最初に思ったのが、
なんで自分らの食い物の上に平気で糞をするかなぁということで。
そりゃあ、しょせん、でんでんにはわからないんだから、となるわけだが。
会社勤務をしていた頃、
なんでコイツらはこんなこともわかんないのかなぁ(口先ばかり達者で)と不思議だったことが、
そうか、わかんないということは、わかんないってことなんだと。
ごめん。 わかることを期待したわたしが、間違いだった。

とか。 ^m^

ガラス越しゆえわかるのだが、でんでんは自分の糞の上に居座っていることが多い。
さっさとどけばいいのに、と思うわけだが。
特に、水槽を拭き掃除しているときとか。

ある日、掃除をしながら、そんなでんでんをつまみ上げ、濡れたティッシュで糞をふき取ろうとしてみたが、うまくいかなかった。 

そうかぁ。
超食物繊維を食ってるわけだから、もしかして糞が全然切れないのか? とか。
肛門に筋肉がないのか? とか。
だから全部出し終わるまで、糞と自分は一体なのか? とか。

そもそも、糞が汚いという観念があるのか、ないのか。 ないよな、たぶん。
ないかな?
し終わった糞のあたりには、行かないってことはどうなんだ?
それぞれの糞は、ばらばらに配置されてるよな。

 

ホカロンの真下のガラスで、ある晩見たのは、たぶん交尾? ?

100207_denden

サイトから得た知識によると、精子を入れた嚢を交換して3-4週間後に両方がタマゴを産むそうです。
2匹の間に、透明な小さなでんでんがいるように見えたが、なんだったのだろうね。 あの触覚みたいなのは触覚っぽく動いてました。 30分後くらいに見たときはなくなっていた。

これが交尾なのかなぁ、と思いながら画像検索してみたら、なめくじの濃厚なエッチシーンにぶち当たり、くらくらする。 

http://www.youtube.com/watch?v=uStpuQcaxvE&feature=related

 

タマゴに関していうと、
うちに来て数日後に1回、一週間後に1回、産卵があった。 (孵化せず)
ということは、交尾はその3週間くらい前ということで、つまり前の飼い主のコミューン(?)の中でいたされていたわけだが。
今ではうちのコたちとなった中に、カップルがいるということなのか、違うのか?

今回のが交尾だとしても、産卵は3月初旬、季節外だから孵化は期待できない。
うーん。
でんでんも、産卵を目的としないエッチをするのか? とか。

なかなか哲学です。 (哲学か? (^_^) )

  

  

たまご 2010/03/06
さっき、水槽をお掃除してて発見。 い、いつの間に?

かたつむりは卵を産んでも、5月以外では孵化しないそうだ。
にしても、もしもこれだけの数が孵化したら、どうなんだ???

100306_denden

  

  

5月でないのに 2010/03/20

かたつむりの寿命は1年、とか、どこかに書いてあった。
今まで、半透明になったカラが2匹。 
それが3匹になり、
そのほかが昨日から急に姿を消した。 土にもぐったのか?
残りは数匹。 春になったのに?

命、か。 

水槽の掃除を始めたら、ぱらぱらとゴミが落ちる。

ぱらぱら?

今までにない、感覚だ。 

 

ありゃ? まさか? と老眼鏡をかける。
嘘。 ベビーだぁ。 卵と同じ大きさ。 アタリマエか。

1003201

1003202_2

ってか、知らずにふき取って潰したぞ、いくつか。 

合掌。

   

  

目盛り 2010/03/21

うまれたてかたつむりのサイズです。

1003203

さっきの写真だと、大きさの実感ないでしょ? 

   

ゴミでもゴマでもアリマセン 2010/03/23

でんでんの水槽の底は、濡れた新聞紙の上にキッチンペーパーを敷いて、何日かごとに表面だけ入れ替えるようにしている。
汚れるのは、糞と。 潜っていた土をつけたまま、這い出してきたとき。

ベビーがまぶされているので、交換を控えていたけれど。
そろそろ、替えたいっ。

メガネをかけて、1匹ずつ拾う。 底だけで、これだけいました。
んー。 もしかしたら、現在、ベビーは全部で5-60匹くらいいるかもしれない?

1003222

なのに、まだまだ盛り上がってるカップルもいるし〜。 

1003221

   

ここではないドコカ 2010/04/06

5年来の友人デジは、いつも突然メールを寄こす。 今回も今頃になって、ごめん、わたしが送ったでんでんがたいへんなことになってるよね、だって。 クーリングオフしますか?だって。
ホント、今頃だ。 こんなにかぁいくて、今さら手放せるか!  
ふん。 貧乏したって、100匹のでんでんくらい育ててみせるわ!! (←?)

     snail

先日。 父に、デジからかたつむりをもらったと言ったら、返す言葉が
「増えるぞ、かたつむりは」だった。 さすが年の功。
うん。 大変なことになってる。 もう少し育ったら駒沢公園にでも放つわ、と言ったら、
「ダメだろう」と言う。 ダメかな。

そう言えば、虫を食べるのはいいてんとう虫(ナナホシ)で、葉っぱを食べる悪いてんとう虫(ニジュウヤホシ)だって小学校で習ったな。
「なんだ、それ」
わたしの世代は小学校でそう習った。 「ふーん」 
その説でいくと、でんでんは害虫ってことになるのかな。 「うーん」
ねえ、狭い空間で飼ってたら、適当数に淘汰されないかな。 「ないな」
そりゃあ、天敵もいないし、喰うもんには困らないわけだしねえ。

     snail

かたつむりの研究ってどういうことをするのかなと検索したが、
くわしいページにはヒットしなかった。
ひとつ、専門家より在野のアマチュア研究者が多いらしい。
ひとつ、殻の模様or染色体の分布をコレクションするらしい。 (かたつむりは行動範囲が狭いので、地域色が強い)

     snail

ちびが生まれてから、水槽の隙間にはラップを被せているのだが、
毎日、その隙間にけっこうな数が挟まっている。
その小ささでここまで這うのは大変だったろうケド、ごめんねと思いながら、
掃除のたびに底に戻す。
それ以外にも、上に向かって這ってくるちびちびの多さ。

本能か? 血族以外と交わるために、産まれてすぐに遠くへ行こうとするのか?

などと思っていたが。

今日、ふと思い至ったのは。
人間が、日本人が、ここではないドコカに行きたい衝動を時として持つのも、
まさか同じ理由か? とか。

  

きゅうりが好き 2010/04/30

時として、でんでんsの食欲にホラーを感じるのはわたしだけ?

2010043011110000

2010043011320000

下に敷いてあるキッチンペーパーも、食べてるかもしれないし。
(上の写真の右下の糞、白いでしょ?)

  

捨てなさい 2010/05/05

夕べ、おうちごはんに集った友人らが水槽を眺め。

1000匹いるんじゃない?と、言い出す。 
何って、孵ったでんでんsが。 いるかな。 いるよ!

あ、育って、フジツボみたくぎっしり埋まっている画をイメージしちゃった。
きゃー、やめて!!

ちっちゃくて、か、かわいいっとうるうるしてるのは、そもそも親でんでんsを送ってきたデジだけで。
あとの人たちは ふーん という感じですね、やっぱり。
志向ってあるんだ。

デジ はどうしてた?
ごめんなさいって、卵を捨ててたよ。
そうだよなぁ。

この場合、公園に放して自然淘汰させるのも、生ゴミとして捨てるのも一緒でしょう、とか。
結論はそちらに流れる。

明日取り替える際、きゅうりごと捨てろ、と。

まぁ、虫を駆除するつもりになれば、できそうかな。
かたつむりって虫なの? ん、マイマイだから貝の系統だと思う。
意識的には、似たレベル。

       snail

さて今朝。 餌替えと掃除。 んー。 どうしようね。

きゅうりやキャベツに張り付いているのは、言ってみれば食べる(生きる)ことに貪欲なわけだから、こっちのコらを残したいな。

壁に張り付き、外に出たがるかのように乾いている育ちの悪いコたちを、一気に濡れティッシュで拭き取る。

おし、半分になったか。 今日の駆除はここまで。 合掌。

  

暑いので 2010/07/30

滅茶苦茶な生活リズムに熱帯夜が続き、よく寝られない。 んで突発的に、山梨のおうちで避暑してきました。

三茶のおうちにはでんでんが30匹弱いるので、迷ったあげく、3泊。

一番傷まないエサはなんだろうと考え、ニンジンを選ぶ。
ま。 うちのコたちは、床に敷いてある濡れた新聞紙+濡れたキッチンペーパーを食べるの好きだし、どーにかなるだろ。 

     snail

帰宅して、真っ先に水槽を覘く。

うぎゃ。 にんじんが茶色くどろどろになってる〜
なんか、腐った野菜って、熱を発しているような気がする〜

日数の割りに、糞、少ないし。

土に、もぐっちゃってるのもいるし。

 

ごめんね。

でもキミたち、でんでんなんだからさ。 サバイバルには強いはずだよねぇ。

と、お掃除と。 新しいエサと。

で、数分後。

100729denden

   

  

信じてはイケナイ 1  2010/11/23

ネットに書かれていることは、半信半疑で向き合い、最後は自分でマルバツをつけるもんだと思いつつ。
それでもなんとなく、鵜呑みに信じていたみたいで。
うーん、なんだかなぁと思い始めた最初は、かたつむりについてのアレコレ。

「この世に真実はない(価値感や信条は多様である)」というのは、今2巡目をやっているゲームのテーマでもあるな。

にしても。

卵を産むのは決まった季節(5月のみ)だとか、
孵すのはとても大変ですとか、
レタスはエサに向かないとか。
ふーん。 そっかぁ、と真に受けてた。

でも、うちのでんでんズは。

2月から6月あたりにかけて、卵は産み放題だったし、
10匹の親から1000匹だかが孵化して、大騒ぎの末かわいそうにほとんどを「始末」せざるえなくなるほどだったし。
レタス、大好きでしたよ。 自分につくったサンドイッチから落ちた切れ端を何気なくいれたら、あっという間に文字通り跡形もなく食べてた(栄養はないのでその後もエサの候補にはしてないけど)。

実感しているのは、
エサは日替わりにした方が食いつきがいい、こと。
人間もいろんな食品から栄養を摂りましょうというけれど、かわらないみたい?

 

にんじんを食べると、糞は即同じ色となり。
生き物というのは、食物を通過させるただの「管」に過ぎないのだなぁと思う。
うん。 人間も然り。

  

  

冬支度 2010/11/29

2010112917040001

わかりづらいですが、でんでんズの水槽を上から覘いたところです。
今年は冬眠を前提に、底に土を入れて落ち葉を重ねてみました。

落ち葉はサクラなので、色鮮やか。
明日、もう少し拾ってこよう!!

  

自慢自慢!! 2010/12/14

知らない方からメールが来ました。

それが、なんと、TVの制作会社。
でんでん日記に興味を持ってくださったと。 うひゃ。

しかもどうやら。
あまりTVを観ないわたしが、ときどき観ているお気に入りの番組らしい???

どーよ!!

どきどぎどきどき。 ときめくときめく。

もっとも。
わたしのでんでんへの情熱は、自慢できるレベルではない。

見得をはっても仕方がないので、
正直に初期レベルであると返信メールを送る。
ご期待に応えられそうにない自分が、かなり残念だ。

ん〜〜! 実に残念だよ〜〜!!

 

この企画で、番組できるかな。
できたら楽しみだな。

  

好き嫌い 2011/06/15

まだ買っていないけれど、読みたい本リストの中に、
ダンゴムシに心はあるのか』という本がある。

まだ読んでないけれど、心の定義に「好き嫌いをする」も含まれるとしたら、

かたつむりにも心はあります(たぶん)。

最初は喜んでいた食べ物でも、数回続くとあきらかに食いつきが悪くなり、
他のものに変えると――(あ。 この質感が苦手な人がいたらごめん)

Cimg1600 

いろいろな品目を食べたいからなのかな?と思っていた時期もあったが、
久しぶりに入れたモノでも、見向きもしないときもあるし。
それ以上に、なんかねえ、
動作に、情念というか情熱みたいなモノを感じるんだよねえ。

このときだったら、「わーいわーいニンジンだぁ!」みたいな。

で、考え込むのは、

わたしは反射的に、感情が上記の言葉で説明として自分の中に浮かぶけれど、

かたつむりは「ニンジン」という単語でニンジンを認識しているわけではないだろうし、
「このオレンジ色の」? 待て。 色の認識、あるのか?
「この、ほんのり甘くて、しゃくしゃくしてるの」 味覚はあるのか???

言葉を持たない生き物は、何によって思考をしているのか。

 

「記憶」は確実に持っているようで。
水槽に入れていた木の枝が、カビたので捨てたら、
植木鉢の縁で背伸びして、触覚を振り回して、ずいぶん念入りに探してました。

 

写真でわかるかなぁ。
カルシウムな餌を、ここずっと卵のカラにしてたせいか、
(他に理由があるのかな? 日当たりが悪いとか?)
でんでんズの殻がぼんやりと薄茶けた色になってしまいました。
なので今は、あさりの貝殻も置くようにして。

実は、この卵のカラにも謎があり、
砕いたものを植木鉢に容れておいたのが、あっちこっちに破片が運ばれてるんですよね。
うー。 いちいち植木鉢までいかなくてもいいようにか?
でもどうやって、運んでいるんだ?

謎。 (⌒-⌒)

  

メッセージ 2011/06/19

でんでんスの餌を代えようとしたら、――んん???

Cimg1601  

何が「12」なんだ? 「スマイル」なんだ?

ちなみに。 スマイルの土台は葉っぱではありません。 きゅうりの皮。 

  

  

ちび発見 2012/02/05

Cimg2326  

自分で目撃したのが2度目で、写真もブレブレのしか撮れてなかった!
が、
なんでレアかと言うと、

この大きさってことは、
かたつむりの孵化の時期から大きく外れて、冬に孵った!ってことだし。
ということは、産卵もその一ヶ月前で、
普通なら冬眠しててもいい時期に、発情したヤツらがいるらしいってことか?

エサが常備されてて、室内は暖かい、ってことだろうが。
以前は室温16度で動かなくなってたのが、
気づくと今年は、14度を切るまでふつうに生活してたようです。

 

 

ひさしぶりのでんでん日記なので、もうひとつの発見も書いておくと。
カラの渦巻きは、どうやら渦巻きの方向に育っているように考えられるのよ。

ちびにくらべて、渦巻きの回数が少し増えているのからもわかるけど。
もうひとつ。 
カルシウム系のエサのバリエーションとして、一時期、(グアムの)サンゴを水槽に入れてた時期がありました。 
コンクリートも舐めるんだったら、白サンゴもありかな?と。
そしたら、たぶんそのせいで、美しくない白茶けた殻になってしまったコたちが出現したので、サンゴを取り除いたわけです。
そしたら、かがみもちの上にデニッシュが乗っている?ような、2種類の質感の殻の持ち主が出てきた。

こういうことは、証拠写真を撮っておかなきゃ意味ないんだけどね。

今のカルシウム系のエサは、卵のカラとアサリの貝殻。
べっこうのような色の殻になっています。

  

その後 2014/11/17

この春、最後の2匹となりました。4年半? 思いがけず、長く続いたな。

暑くなって動かなくなり、しばらくは夏眠してるのかな〜と思っていましたが、
よくよく見たらご臨終でした。  

10匹から始まり、3-4世代くらい? やっぱり血が濃くなっちゃったのかな〜 とか。

 

1年前から水槽の底の土を排除して、ちいさな植木鉢に土を入れて置く形に戻しました。
滅びていく気配というのは、あるわね。
だとしたら、最後は1匹1匹を確認しやすくしておきたかったのです。

 

 

さて、残る可能性としては、土の中の卵? むむん。あるかしら。孵るかしらん。  

現在は、土が乾かないようにときどき霧吹きしながら、様子見です。
来年の6月頃まで?

 

 

▲ TOPへ

◆ このサイト内の著作権はすべてサイト管理人が所有しています。 copyright AHARA Noliko all rights reserved.

inserted by FC2 system