あげんについて ブログ 過去の公演案内 ミュージカルの創り方 観劇・能・ダンス・大道芸とか
三茶deボランティア メンタルケア とか 八ヶ岳ライフ 食べもの系 日本人・考
お絵描きとか 旅のアルバム おもちゃコレクション 読んだ本とか でんでん日記
事件でした 大震災のあと ブログ以前の日々 14歳のわたし あげん に メール
2005/9
2005/9/18 エクステンション
1年ほど、髪にはずっと赤のエクステ(カラー付け毛)をいれていた。
9月には金にして10月は紫、と予定していた。

美容師のUスギさんが「ね、見て。来月にそなえてつくってみたんです」
茶色を混ぜ込んだ毛束を見せてくれた。
きゃぁん、すっごくキレイ〜♪
ほんとにねえ、夢のように美しい色合い。これを来月、自分の髪に混ぜるの?
うっはあっ。
「ね、つくってて、自分でもうれしくなっちゃって。ね、どうなさいます?」
わたし今日、金髪を混ぜること、楽しみにしてたんだから。
じゃあ、これもちょっと使って、今日はこうして、こうしてね。
ふた言み言、話すうちに、
ねえ、あなた、わたしの頭をこうしたいって、もう自分の中で決めてるでしょ?
「あははは。え〜? そんなぁ。あの〜、わかります?」
いい、まかせた。好きにして。

そのあと、アシストに来るコ来るコが、「うわああっ」
色あいの美しさに息を飲む。(多少は演技が入ってたとしても)

プロに任せるって、こういうことなんだと思う。
発想と技術と情熱。
でもそれを引きだすのは、シロオトのブラボオ。

  

2005/9/18 バージョン

インターネット講座の参加のために、エクスプローラの更新をしました。
自宅のPCはいまだ「98」、(ノートは「ME」)
で、
さっき自分のHPを覗いたら、文章が全部、センタリング設定に……。
え?
エクスプローラバージョン5だと、左合わせ設定だったのに?
バージョン6だと?
あ……。

似た経験は、会社でもありました。
ネットワークのこともあって、わたしのPCは加工機にあわせてかなり最近まで、「98」を使用していたのです。(今はさすがに「2000」)
それで会社のHPも作っていたんだけれど。
他のスタッフのPCから見たら、文章が全部センタリングになっていて、「何、これっ」
「こーいうふうに作ってたんじゃないの?」
「ちがう〜〜」
理由もわからないまま、全文章、設定しなおしました。
今、解明したよ……。
そういえば、ノートで自分のHPみたことなかったな。


がーん
わたしが書いていた文章と、読んでもらっていたレイアウトが全然違ってたことにショック。
読んでいてくれるんだ、ウレシイ……と幸せだった気持ちも、がらがらと崩れ、青ざめる。
イメージ、ちがうじゃん。ちがうのおっ。
全文章を、設定しなおすわけ?と思うと、くらくら。

たぶん、しないけど。

 

2005/9/17 マニアック
ピンポン♪ 
「プレイステーションからお届けモノです(にっこり)」
はあ? 
わたしが買ったのは、(おまけつき)DVDなはずだが、この大箱は……。
   
どおおおお おおおおん

 うああああっ。……ガサゴソ…… おおおおっ。うおおおっ
   


右上が本来のお買い物のDVD
箱の大きさが、わかるでしょ
 
右下な見えてるのがDVD
フィギュアの大きさがわかります?
……どこに飾ろう
アクリルフレームにいれて、
これもインテリアに。
Tシャツ、その他のおまけがついてくる、ぐらいの意識で買ってしまったので、び、びっくり。

……すみません……。

頭の中ではずっと、プレリュード/テーマソングが流れて、ちょっと胸キュン。

2005/9/10 理不尽なお馬鹿
帰宅途中、三軒茶屋の駅(地下鉄)に着くと嫌な予感。
選挙戦の最終日の夕方、街頭演説の予告1時間なのだが、
人々はなんとなくざわめき、改札口外には、警官があふれている。
いつもの出口から地上に行こうとすると、「向かえる方向が規制されてますから」
仕方がないから、別の出口、……別の出口。全部アウトだぁ。
駅の外に出て、自分のおうちに帰れない? んな、馬鹿な。

無駄とは知りつつ、おもわずキレて、警察官に怒鳴った。
三軒茶屋○丁めなんだけれど、どうやって帰れっていうの?
「いや、自分にはわかりません」
人数あわせに借り出されて、言われたことしか守れないぺー相手にキレても、意味がないとはわかってるんだが。
結局、その階段の上に出るまで、ぐるりとビルの中を遠回りする。
わかる? その階段10mの通行を規制することに、何の意味もないんだよ?
通行規制するなら、ちゃんと住人の動線考えろよ、マヌケっ。

地上に出ても、腹が立って、演説者に振り向く気にもならない。
だが、風に乗って、声は聞こえてくる。


会社でその話をryoちゃんにする。
「それでも、ジミントウに入れたんだろ?」
う、……うん。


……現職の総理大臣だけあって、声にはすごく「チカラ」を感じた。


わかってるよ。
以前、
かれが乗ってる選挙カーをストップさせないために、交差点の信号、信号を調節しているのにも出くわしてる。
わかっているよ。
日本の平和を守っているのは、こーいう理不尽も理解しない、いいなりのお馬鹿さんたちの集団だってこと。
兵隊は考えず、命令のみを死守すべし。

数年前、
防衛庁の入り口で自動小銃持ってる立ちんぼみたとき、わたしはつぶやいた。
ねえ今、テロリストが現れたらあの人たち、わたしたちの楯となって、まず死んでくれるの?
「まさか、あれは防衛庁の中に入れないためだけにいるんだろ」
そうだよねえ、日本を守るって、たぶんそういうことなんだよねえ。


キレイ事を並べたマニュフェストなんて、意味ない。
陣取り合戦と言葉遣いを遊んでいる政治家に対する評価が、反映された選挙だったかなと思う。
本当に選ばれたというより、アッチよりかはちょっとマシって選択の結果であろうと、
日本人たちはちゃんと、矢印の方向をチェックしている。

  

2005/9/4 イメージ


結局、
絵を描くとき、写真を見る・見ないでタッチが全然違うわけだ。

イメージが漠然とあった。
何も見ないで、描こうと思っていたのだが。

雑誌のグラビアに、まるでそのシーンそのものがあり、
うっわあ、びっくり。
ただ、グラビアはカッコイイ青年だったけれど、
わたしのイメージでは14歳の少年。
他のページをめくると、あっ、こんな感じという少年の写真もあって。

青年と少年のラインは全然違う。
両方の写真を眺めながら、描きました。


下の絵は、何もみないで描いたもの。
童話で、豆の上に寝たお姫様の話ってあるでしょう。
(わたしはあれは、処女探しの寓話だと思っているのだが)

   

2005/9/3 キムさんを描く


稽古中のキムさんの写真見ながら、ため息。
描くために凝視すると、みえなかった部分が見えてくる。
絵の中ではウマク再現できないけれど(原画はもう少し、マシよ)
ダンスを見るということは、
つくづく空気をイメージしているってことなんだなあと思う。
そして、見ながら描くという作業は、分解して再構築すること。

弛緩させている部位と緊張を溜めている部位の不思議な同居。調和。
(もちろん、両方とも計算しつくされた故意)
表情はエクスタシーっぽいし、両手は不安げに宙に突き出されているけれど、
そのすべてを首の後ろが、ものすごい緊張感で重みを支えている。

ああ、これがキムさんのダンスなんだ。
神秘の断片に一瞬触れたみたいな、しびれ。

  

▲ TOPへ

◆ このサイト内の著作権はすべてサイト管理人が所有しています。 copyright AHARA Noliko all rights reserved.

inserted by FC2 system