あげんについて ブログ 過去の公演案内 ミュージカルの創り方 観劇・能・ダンス・大道芸とか
三茶deボランティア メンタルケア とか 八ヶ岳ライフ 食べもの系 日本人・考
お絵描きとか 旅のアルバム おもちゃコレクション 読んだ本とか でんでん日記
事件でした 大震災のあと ブログ以前の日々 14歳のわたし あげん に メール
2005/4
2005/4/23 78歳
新しい法王さま、78歳ですね。
父と同い年なんだ。

その父ですが、星の観測が趣味でして。
ひと月の半分は山梨の小屋で、あと半分は東京(弟夫婦と同居)に帰ってくるはずなのですが、ある朝FAXがきて、今月は帰らないから、と。
(言外に、たまにはお惣菜を送れ、も含まれる)

今年の1月8日、撮った写真をみて「あれ」と思ったらしい。
で最近、雑誌に「超新星発見」とその星が発表されたのですが、その日付が2月1日。あらら。
父は発見を表明する術を知らなかったことが、悔しかったようです。
だから、
先生に着いて、発表する方法を勉強するから。
新しいPCも買って、観測システムを組むから。

それ以外にも、
今年はジャガイモ作りに挑戦するだの。
芝生が育たなかったから、そこにパンジーを植えるんだ、の。

78歳、かあ。
まだ新しいことを覚えられる、挑戦できる。

  

2005/4/10 幸せなたべもの
最近のお気に入り その1
鍋にだしの素を入れて湯を沸かす。
大根のタンザク、しいたけを入れ、煮立ってきたら、
豚コマ(下味なし!)と白菜のざく切りを入れる。
アクをとりながら、
肉に火が通ったら、消す。
鍋感覚、ですね。
どんぶりによそって、ミネラルの多い(少し高くておいしい)塩とごま油をだららららっとかけて、食す。
それだけ。
んっとに、んまいよっ。


その2
うまいっってわけでないけれど、たべたくなる。
厚めの油揚げの両面をフライパンで空焼きする。
軽く焦げ目がついたら、食べやすく切って皿に。
納豆に味をつけてネバるまでかき混ぜ、たっぷりのネギを入れて、油揚げにのせ、醤油をまわしかける。


その3
ここ半年くらい、会社にお弁当をもっていくようになった。
メンドーなときは、サンドイッチ。
葡萄パンとかオレンジ風味とかのパンは、スライスして冷凍庫に放り込んでおく。
食べる分だけ、凍ったままトーストする。
帝国ホテルのマーガリン(美味で塗りやすい)をぬって、
レタスとパストラミとかチーズとかピクルスとかをはさむ。


量もたべなくなったし、ひとり暮らしだし、
スーパーで少し高めの食材を(賞味期限をチェックすること。回転悪いかもしれないから)選ぶこの頃です。

 

2005/4/10 行動の基準
先月劇場に言ったら、並びの席に足の悪い方がいらして、
わたしはその「赤の他人」に付き合って、スタンディングしなかったと舞台のページにも書きましたが、
そのテの行動のベースは何に支えられているかというと、
お手本は……祐くんなのだった。

イイコぶるとかそういうことでなく、
他人に感心してもらうためでもなく、
ただ、恥ずかしくない人間でいたいという気持ち。

ささやかだけれど、思わず尊敬してしまった古い古いエピソードをいくつか思い出して、
わたしは(それ以外にも)こんなにもかれの影響を受けていたのかと、あらためて驚いた。

最近の世の中、「恥を知る」人がいなくなったよな。
居直ることが自然体とかって評価されちゃったりしてさ。
でも自分を振り返ると、これはかなり大切な価値感だと思うよ。
だって自分に対する「ムチ」なんだからさ。


……いや、ね。
買ったままになってた「レミ」のCD聴いてたら、
バルジャンのあちこちに祐くんの頑張った人生がかなり投影されているのがわかってきて、泣いちゃったのさっ。

  

▲ TOPへ

◆ このサイト内の著作権はすべてサイト管理人が所有しています。 copyright AHARA Noliko all rights reserved.

inserted by FC2 system