あげんについて ブログ 過去の公演案内 ミュージカルの創り方 観劇・能・ダンス・大道芸とか
三茶deボランティア メンタルケア とか 八ヶ岳ライフ 食べもの系 日本人・考
お絵描きとか 旅のアルバム おもちゃコレクション 読んだ本とか でんでん日記
事件でした 大震災のあと ブログ以前の日々 14歳のわたし あげん に メール
2002/12
2002/12/30 ありがとう
タロちゃんがサイトで、今年1年を振り返ってるので、
わたしも、と。
このサイトの過去(↑から入れる目次のページ)を眺める。
うひゃあ、一年昔、半年昔ってずいぶん遠いことだなー。
これ、充実してたということで、いいのかな?

そういえば、空白期間の中でこれだけは書いとかなくちゃというのが、実家に空き巣に入られたこと。
(今、あわてて書きました→
2002/10

わたしが過去を振り返ったとき、何に感動するかって、友人たちの存在なのだよ。
直接悩みを相談するわけではないんだけれど、何故かわたしが凹んでるとき、誰かが必ず別の話題をわたしの人生に振ってくれ、わたしは救われる。
超能力か虫の知らせかってほどに。


そんな友だちが今年は増えた…と思ってる。
スクールの皆さま、あなたたちのことです。
この人たちに何が共通しているかって、自分の人生に対して真剣であるということ。
自分の意見と、責任を持っていること。
まあ、ホンを書くということはそういうことなのでしょうね。

そして、古いなじみの懐の深さに感動。
わかるかなあ、
ぐちゃぐちゃしていると
「何してるの? 気が済んだら戻っておいで」って。

わたしを受け止めてくれる人たちは、ちゃんといる。
だからわたしは大丈夫。


というわけで、今年もありがとうございました。
来年もよろしくお付き合いください。

2002/12/14  XBOX
XBOXとは、マイクロソフトが出したゲーム機です。ソフトが貧弱なので、誰も買わない。
…がっ。

上海に出張してたくまくまにメールする。
「どうしよう、XBOXにすごくやりたいゲームがひとつだけ、ある」
メールの返事。
「買えば? 俺もやりたいから、終わったら本体ごと貸して(笑)」

以前にも、まったく同じ思いをして、買ってしまったのはドリームキャスト(セガのゲーム機)。
わたしって全然、学習していないのね。

kuriにも相談した。
「半年後に、完全版とかいってPS2(ソニー/ダントツに普及している)から、同じソフトが出ても後悔しないんだったら、買えば?」
自分は、ゲームキューブ(任天堂/普及率2位なのかな?)を買うんだと。

「って友人に言われた…」とわたし。
「メガテン、超やりてー♪」帰国したくまくまは、にやりとする。
くっそお、性格、読まれてる。

「女神転生(メガテン)」というゲーム、暗さを引きずった独特な世界観を持ったシリーズなのですが、最近、ユーザーにあわせて軽くなりつつあり、わたしはとっくに振り向かなくなっていた。
が、今度のは初心に戻っているという。

本日夕方から、スクール指示の芝居を観にいく。
行く途中、渋谷でゲーム機を買う。
渡された瞬間、軽く後悔。
お、重い…。買う日を間違えたっ。
ハードディスク内臓って、こーいうことか?
コインロッカーを探しながらも見つからず、劇場へ。

お茶もせずに帰宅。お、重かった〜
疲れた〜眠い〜。

といいつつ、ゲーム開始。
わけわかんない〜。でもマニュアル読む元気、もうない〜。
1時間ほどで、沈没。
でも、ふははははっ、幸せ。

  

2002/12/8 コダマ
kuriがつくってくれた…

  

2002/12/8 ホワイトシチューの呪い?
最初、グループ1が遊びに来るセッティングをしたときにホワイトシチューを作ったら、…出席率が最悪だった。(7/6)
それを聞いたグループ2が、シチューを食べたがってくれたのだったが、…そのときは不覚にもこがしてしまった。(7/21)

その後、グループ1とは無事仕切りなおし、(8/11)
でも内心リベンジとばかり、本日もう一度、ホワイトシチューで迎えようとした。

ブロックのベーコンも手に入ったしさ。

出席率? 2/14人よ。
風邪をひいただの、仕事がどーのって。

誰のために、肉抜きのパエリヤ用意したのよ、誰のためにレーズン抜きのフルーツサラダにしたのよ〜っ。

  

  

2002/12/7 集中力?
パソコンの前にいると、世界が物理的な狭さの中で完結してしまうらしい。

ryoちゃんに、「一度、家にある洗濯機の中を掃除してみ」と言われた。
「うちでやったらさあ、この中で洗濯して、キレイになったと思っていたのかって、すげえ怖くなったぞ」
土曜日だしね、それ用の洗剤買って挑戦しましたよ。
でも、パソコンに集中してたから、途中で中を覗くのを忘れたのっ。
どんくらい中が変化したのか、全然実状をつかめなかったのだった。もう、どじっ。楽しみにしてたのにっ。

同じ状況で、お風呂のお湯をあふれさせたことがある。
(うちのは、ぴっぴっと知らせはしてくれるが、勝手に蛇口を止めてくれない)
背後に流れる水音が変わって、げげっ忘れてたっと駆けつけると、お湯は表面で軽くうねりながら、縁から溢れ始めたところだった。
ため息。
中のお湯が、瓶覗きの青に揺れているのが、笑っているようにみえた。

からだを入れると、ざざざざぁとお湯が豊かに溢れ、洗い場にいくつも波ができた。
一度頭まですっぽりと潜り、湯船から出る。
わたしの容積は10cmか。(面積は秘密)

  

  

2002/12/6 「真田太平記」
全12巻、読破っ。
はぁはぁはぁ。
おもしろかった。最後まで、だれることにくきっちりと書かれていたのがすごいです。
レミさんとだぁさんに、泣くこと(どこで泣くか)を期待されてたのだが、ごめんなさい。

この年齢で読めた「縁」に感謝します。
後半、主人公たち(武士や忍びの者たち)が年をとってくることを実感し、乗り越えたり恥ずかしがったり、哀しがったりすることが、とても味わい深かったのだった。

もう読んだつもりになった人。
40歳過ぎてから、もう一度読むことをオススメ。


そしてわたしには、
次に読む本が山になっている…。

  

  

2002/12/5 スケジュール手帳
最近の店は「売れ筋の傾向を読め」とよく勉強するのはエライのだけれど、
この商品郡は近くのあっちの店で売ってるから、(かないっこないし)、自分とこには置くのをやめようって、商品整理するのだもの。
二子玉川の東○ハンズ、あなたのことです。
手帳は近所の伊東屋が大々的にやるからって、去年の5分の1くらいに縮小しますかね。

キャラクターものをあまり身近に置かないわたしの例外が、ムーミンのスケジュール手帳。
世界で唯一、版権者から自由に描く許可をもらっている日本のイラストレーターがいる。
スケジュールくらい、開いたときにかわいいページじゃないと嫌なの。で、ここ数年、その手帳を愛用。

ないのよ。
いつも買っていた東○ハンズに。
わざわざ二子玉川まで買いに行ったのに。
でもいい加減に来年の手帳がないと不自由になっていた頃だったので、伊東屋で輸入物を買いました。

とても美々しい全ページアート紙のその手帳。
輸入物には、日本の休日用のシールをつけてくれるのだけれど、日曜が左端にあるのが、使いづらい。
困ったなあ、どうしよう。

ムーミン手帳のメーカーを調べようとしたら、
なんとも謙虚なことに、…書いてない。
ようやく小さく1箇所、みつけた。
サイトか電話を調べて、問い合わせるかなあ。

会社の帰りに、用ができて渋谷の東○ハンズに行く。
(あそこは駅から遠いから、「寄る」じゃないの、「行く」なの。気づいて、手帳売り場に。

ありました。めでたく購入。
かわいそうな、輸入手帳は、…どうしようかなあ。


  

▲ TOPへ

◆ このサイト内の著作権はすべてサイト管理人が所有しています。 copyright AHARA Noliko all rights reserved.

inserted by FC2 system