あげんについて ブログ 過去の公演案内 ミュージカルの創り方 観劇・能・ダンス・大道芸とか
三茶deボランティア メンタルケア とか 八ヶ岳ライフ 食べもの系 日本人・考
お絵描きとか 旅のアルバム おもちゃコレクション 読んだ本とか でんでん日記
事件でした 大震災のあと ブログ以前の日々 14歳のわたし あげん に メール
2002/5
2002/5/29 17歳の6月…
「バクチクって知ってる?」とくまくま
石で叩いたり火をつけたりする?
「ち・が・う〜っ!!!」
あははっ、はいはい、昔のロックバンドのね。
「下のコンビニで流れててさあ。もう…」
いかに自分がファンであったかが続く。
バウワウって知ってる? 昔、追っかけっぽいこともしたの。
「それ、あまり言わない方がいいかも。歳がバレる」
まっ、ずいぶんねっ。
まさかあなた、わたしが「きゃ〜元基〜☆」ナンテ言ってた頃、まだオムツだったんじゃないでしょうね。
「ないない…」
…そこで双方目をそらし、そこまではいってないよなという念のための計算に、しばし沈黙。

帰り道、その会話を思い出して。
くまくまが生まれた頃、自分は何をしていたのかと思う。
17歳の6月。
(職場のわたしの仲良しは18歳年下です)
高三。美大受験のためにデッサンやら色彩構成やら、それ以上に趣味のまんが、一生で一番絵を描いていた頃。
ああ、そうだ。
劇団四季の「ヴェニスの商人」を観て、楽屋で鹿賀さんに握手してもらって、ぽおっとなった。芝居にのめりこむことになったきっかけ。
ちょっと待ってよ。
じゃあブランクがあったとはいえ、
わたしは、くまくまがこんなに立派な生意気に生きて育ってきた時間だけ、
芝居の能書きを垂れていたってこと?
ボーゼン。
これってスゴくない?

次の日、それを聞かされたくまくまも言葉を失う。
まず、17歳の6月って言葉で、くらっとしてた。
へんっ、どんなもんだいっ。
で? あなたの17歳の6月は?
「タバコと音楽の日々」おいおい。

で、コレ読んでるアナタ。
17歳の6月…を思い出してみ☆
透明な感動が、ない?

   

2002/5/25  CMのVを観る会
講座の同期の結婚式二次会があったのだけれど、
先約優先。
ごめんなさい。。
メンツはお馴染み、父の家に集合。
本日のお食事は、おにぎりとトン汁などなど。

miyoが描き、kuriがアシストしたまんがを使ったローソンのTVCMの鑑賞会。
ローソンは週代わりで動いているので、TVで見かける機会もないまま過ぎてしまった。
「絵、かわったじゃん」
「だってレトロな少女まんがをって指定だったんだもの。すっごい枚数を描いたんだよ。でも使われるのはこれだけだもんね」

没になったCMの方がおもしろい。
なんでこれが没よ? 
女優さんのイメージが壊れるって。
はあ、そうですか。

結局さあ、出来のよしあしじゃないよねえ。
クライアントの親父どもの好き嫌い、だよねえ。

 

  

2002/5/19 私服
業務縮小、会社の引越し&レイアウト替え。
というわけで昨日土曜日参加した有志は、そういう服装。
ジーパンのわたしを初めて見て、「おはよう」といいながら
みんなの目が「おっ」という形になる。
つなぎやらジャージーやら手ぬぐいやら、
そこはお互い様。

普段での会社の服装が個性的でないとは言わないけれど、
やっぱりより「らしさ」がでてくる。
わざわざ会社で着替えるヤツ(2種類の自分をみせたいんだろうな)、ブルゾンを着たり脱いだりいそがしいヒト。

こういうときって性格も出てくる。
ばたばたしている横で、通常業務をしているヒト。(イケナイわけじゃないけれど、何も今日やるか?)
うろうろしてるだけのことが多くない?ってヒト。
みんなが茶を飲んでるときに、ひとりで作業を続けてるヒト。
あとにしたら?ってことに執着してしまうヒト。
はい、わたしも絶対違うとは言えないから、罵倒はしません。

副社長と一緒にトラックを借りにいったsuzuちゃん、
「信じられる? 家を出たとき、この季節だってのにまだ朝が暗いんだぜ?」はいはい、お疲れ様。

キッチン以外全フロア禁煙…なのに、本日は公然と吸われる。
なんで禁煙かって、レーザー機器って精密機器だからなんだけれど。
くまくまに、
「TS(技術部)のあなたがここで吸っててどーすんのっ」
「まあまあまあまあ」

それで夕方近くなると全員ぐったり。
一番、本質が垣間見えるときだな。
笑笑っ、超不機嫌だったのはだ〜れだ?

  

 

2002/5/14 好き嫌い
リンクのページからいけるりんくっちのサイトに、観た映画のコメントが書いてある。
で、気づいた。
わたしがおもしろかった「トゥルー・レイダース」とか「ハムナプトラ2」が星ふたつで、見たいリストにすら入らない「パールハーバー」に星よっつ。
ほう?

「陰陽師」をビデオでみる。
タロちゃんがアイタタタと言ってたのがわかる。
原作とマンガの出来がいいからなあ。
どこが悪いって、みんなしゃべりが下手。お願い、雅(みやび)にしゃべって。
でも夏川結衣がよかった。(生成りは怖かったゾ)
でもたぶん、なんだかんだといってもパート2も観ると思う。

  

  

2002/5/12 母の日
ときどき、母と同い年である友人のおかあさまの話題に、
「え、おばさんってそんな年齢になったんだ」とびっくりする。
わたしの中で母は、亡くなった56歳のまま。
「アゲンママがなくなって、○年たったんだ〜」と友人と指を折ることになる。

ずいぶん前だけれど、
土曜日にデートした相手に「明日、おかあさまに」とカーネーションを持たせた。
自分の母親がいなかったから、代償行為というヤツだな。
過去そんな習慣のなかったかれは、母親に「気が狂ったのか?」と言われたそうだ。
え? ああ。2度とデートしなかったよ。

わたしは子供を産む機会に恵まれなかったけれど、ホスト・マザーをした依依からは、いまだ母の日のカードが届く。
今年のカードはエレベーターで封を切り、マンションのドアに鍵をさしたまま、室内に入らずそこにつったって読んだ。
しおたれた花を持つ犬の絵に、Miss youというカードが微笑ましくてね。

なんていうのかなあ、
つながっていく関係、別れていく関係。
その差は、どこにあるのだろう。
お互いの生活習慣?
 

  

  

2002/5/5  GWのゲーム・寝起き・戯曲課題
このGWは毎日がどっぷりゲームの日々。
えっとね、PS2の「ブラボーミュージック」と
PSの「メタルギアソリッド」の普通版と完全版。
どっちもやり込みゲーです。
貸してくれたkuri、ありがとう!!

「メタルギアソリッド」海外版になると、ぐんっと難しくなる。
そうでなくても、ゲーム中の読心能力者サイコ・マンティスに
「大雑把で大胆なヤツ」と毎回言われるわたしなのに。
(ふはははっ、アクションゲームのくせにそーいうお遊びが
 大まじめにいっぱいでてくるのが、このゲーム)

吹き替えが日本語と英語でニュアンスが変わる。
わたしの中ではすでにキャラクターと声が一致しているので、
英語版だとなんか、変。
というより、日本語の方が細かなニュアンスがある気がする。
ジャパニーズ・アニメの驚異的発展とともに、声優術も発展している気が…。

そして思う。
おもしろいゲームって、創っている側とプレイしている側との間に
コミュニュケーション/会話が成り立っているというのかな。
ふーん、そうか。じゃあ、おもしろい戯曲って?


目覚ましをかけないと、昼の11時過ぎまで眼が醒めない。
んで時計を見ずに1日を過し、そろそろ寝ようとすると午前3〜4時。
からだはちゃんと24時間サイクルだけれど、
母が生きていて同居してたら、噴火をしそうな生活だな。
でも成り行きにまかせると、結果こういうタイムスケジュールになるってことは、これがわたしのごく自然な生活ってことにならないのかなぁ。

コンビニ以外家から出ず、メールや掲示板以外に会話はなく、
どうだい、世で言う立派な問題児だぞ〜。
俗世から離れて、自分の好きなことだけをする日々。
困ったことに、幸せだ。わたしはそういう性分。
悔いのないように、そういう生活ができるように、
今の自分とそこそこの貯金をつくってきたのよ。文句ある?


えっとそれで課題の原稿?
飽和状態になるまで、読み直しました。
わたしは(まんがを描いてるときもそうだったけれど)、
描いてる時間より眺めている時間の方が長いんだよね。
少し距離をおかないと、もう何がなんだかわからない。

これはこれで、貴重な経験。
そこまで何かと向き合うことって、日常の中でなかなかできないから。

ゲームも、そうかな。寝食を忘れてのめりこむ。
そうか、GWってそのための時間だったんだ。


最後に断言。
人間として向かい合った時、
寝食を忘れて何かに向き合うことができる人かどうか、
それがわたしにとって身近な人種であるかどうかの
判断の基準になっていることだけは、確かだな。

  

  

2002/5/5 1000
世の中のサイトに比べれば、ずいぶん時間がかかってるけれど、カウンターが1000を超えたのでした。
う、うわっ。なんだか、一人前のサイトになれた気分だゾ。

1000をゲットしたHNヒロさんには、お好きな方のメダルをおつくりしますとメール。
(どんなメダルかは、工房のサイトをご参照ください)

カウンターの数字を増やすことが目的ではないけれど、
さすがにうれしいです☆

  

  

2002/5/1 タイトルが決まらない
講座で書いている戯曲のタイトルが決まらない。
いつものわたしなら、内容が決まればタイトルが自然と決まるか、
逆にタイトルが決まってから話ができるので、
ずるずると迷宮にハマってしまっている。

正確には今回だって「欠点だらけの」という単語と出会って、
話が書き出せたのだ。
「ファラオ」にするか「ファラオたち」にするか「ソティス」にするかは、
…迷ったんだけれど。

で、前回「欠点だらけのファラオ」で提出したら、講評会で
→コメディかと思った。
→ポスターをイメージしたとき、客が集まるかなあと思って…
などと言われた。
あらら〜っ。そ、そう?

たかがタイトルというなかれ。
第一印象、代表する顔の部分。

古代エジプトのファラオの話で、金色をイメージしたい。
単語を並べて、くっつけて。
でも最後には「アメンヘテプIII」で終わったりして。

 

  

▲ TOPへ

◆ このサイト内の著作権はすべてサイト管理人が所有しています。 copyright AHARA Noliko all rights reserved.

inserted by FC2 system