あげんについて ブログ 過去の公演案内 ミュージカルの創り方 観劇・能・ダンス・大道芸とか
三茶deボランティア メンタルケア とか 八ヶ岳ライフ 食べもの系 日本人・考
お絵描きとか 旅のアルバム おもちゃコレクション 読んだ本とか でんでん日記
事件でした 大震災のあと ブログ以前の日々 14歳のわたし あげん に メール
2002/4
2002/4/28 後悔
GWに山荘に行こうとしたら、
父と日程があわないことに気づいた。
じゃいいや、ひとりで行こうと
頭の中でシュミレーションをして、1分で挫折する。
……。

何がいけないって、もう10何年以上も
ペーパードライバーであることに甘んじてしまったことなの。
(その前はちゃんと運転してたんだけれどね。ホントよ)
自分の車もないし、

まさかここで、しっぺ返しがくるなんて。
甘かった。

まあパスだの電車だのタクシーだので山荘にたどり着くのは、出来る。
(ノートパソコンとゲーム機と着替え等を担いでいくわけだけど)
一番近い店まで食料を買出しに行くのに、車がないと…30分かけて山を下って、帰りは上り坂なわけだ。
村民用の温泉行くのには、車で片道20分だから…内風呂。
うーん。

次に、車を持っている友人をたぶらかすことを考える。
でもねえ、
わたしが山荘で過したいのは、ほぼひとり遊び。
ゲームをやりこむことと、原稿書き。
一緒に行こうと誘っても、一緒には遊べないの。
さすがに、そこまでわがままはいえない。
(って、↓の集まりで、おそるおそるYumiに切り出してみた。返事が返ってこなかった。笑笑っ)

不覚だわ。
こういうときにために、もっと用意することがあったはずなのね。

で、どうするって?
わたしの主目的は、ゲームと原稿書きよ。
おいしい水と空気や、美しい八ヶ岳を眺めながらの散歩や、まだ浅い春の芽吹きや淡淡とした花の様子や、馬や小鳥をあきらめれば、
東京の自分の部屋にこもれば、済むこと。
なんだ、そうじゃない。

でもっ。

このGWはあきらめるけれど、しかたないけれど、
マジ、考えなおさなければ。
……。

 

 

2002/4/27 目標達成その2…友と遊ぶ
今年度の目標が、
1)サイトの更新
2)なじみの友人たちとの集まりを復活
で、GWの初日、久々におうちに友人を招いたのでした。

実に15ヶ月ぶりだったりするのだが、
30年来のつきあいはそんなことには動じない。
(誰だ? 女に友情はないと言ったのは)
15か月分やせたの太ったのというご挨拶。

ご用意したのはパスタ7種、サラダ3種、キャベツとベーコンのコンソメスープ、フルーツみつまめを10人分ほど。
あとはお菓子と飲み物。
およっ、すっげえ簡単。

パスタは
ミートソース/ボンゴレ・ビアンコ/カルボナーラ/ゴルゴンゾーラ/メンタイコ/イカスミ(これは缶詰+イカ)/鮭とキノコのホワイトソース
そういえばもともと前菜なんだものね。
簡単で当たり前なのか。

なんだか以前より、友人の一人ひとりがどかんと落ち着いて感じられたのは、
15か月分の歳をとったということか、
わたしの職場の交友関係がオコチャマ失礼若々しいからそう感じるだけなのか。
次々とはじけるエピソードの披露、コメント、分析、おちょくり、結論。
笑い転げる。納得する。安心する。


唯一の男性である父の前で、まあ父も高齢だしわたしたちもおばさんで、話題はアッケラカンとしていること。
はっはっはっ ここで披露するのも迷う内容。
30年のつきあいは、それはそれは宝物です。


  

2002/4/26 優先権
さていよいよ、GWです。
5/8に講座の提出課題の締め切りがあるけれど、
わたしの手元には最高のゲームソフト(↓参照)がある。
やりこむぞ〜おと、わくわく×2していたら、
本日miyoから電話。

kuriの買ったあのゲーム、今あげんが持ってんだって?
終わった? うちの息子がやりたがってるのよ。

え゛--------っっっ!!!
そりゃ、3巡はしたけれど、これはやり込むゲームなのっ。
わたしは楽しみにしてたのおっ。

母は強し。電話の向こうで辛抱強く、黙っている。
(顔はたぶんニヤニヤしてる)
下の息子だったら、こらチビには100年早いゲームだよって、言えるのだけれど。
お兄ちゃんの方じゃ、学生はGWじゃないとやれないよねえ。
ま、負けた。がっくし。


次にかかってきた電話は、kuri。ゲームソフトの持ち主。
miyoから電話いった? で、どうした?
わはははははっ。
ごめんごめん、決めるのにげて直接交渉してもらった。
はいはい、じゃ他のソフト貸してあげるから。


miyoがきいた。
このゲーム、で、誰に返せばいいの?
そりゃ当然、わたしに、よ。
(GWは終わっちゃっても)

 

2002/4/18 アイコン
だって今まで、アイコンを替えられるって知らなかったの。
作れるって知らなかったの。
…知ってた?
←はい、初心者2日目のです。

スタート\プログラム\アクセサリ\ペイントに
描いたor読み込んだ画像を、
名前を替えて保存するとき、ファイル形式はBMPにして
名前の最後に.ICO(ドットアイシーオー)をつけて保存。
パーツはこれでてきあがり。

次は替えたいアイコンの上で右クリック。
プロパティ/アイコンの変更/参照
で作ったパーツを指定します。
(できないものもあります)

会社のパソコ、おうちのパソコ、ノート…。
「わたしの」は今、3台あるから
なかなか遊べる。

このサイトへのショートカットはくま。

ちなみに、スクリーンセーバーは3台とも
「フィフス・エレメント」
http://www.screensaverjapan.com/
からダウンロードしました。

  

2002/4/13 ゲーム
「メタルギア・ソリッド2」
kuriりんに借りて今やってるゲームです。
かくれんぼしながら、地球を救う…潜入アクションゲーム。
いかにへび(主人公の名はスネーク)になれるか。

最初の1巡するのに1週間。
(毎日ソソクサと会社をひきあげるわたし。笑笑っ)
2巡目は6時間。
ようやくゲームがわかってきたような…。

自分が年とってきたなあと感じるのは、しなくてもいいことをすることが、面倒だと感じ始めること。
かくれんぼが面倒になって、
敵兵をがしがしなぐって駆け抜けようとして、撃ち殺される。

エンディングで出てくるコードを、サイトにいって入力すると、
称号がもらえる。
面倒がりのノロマに与えられたのは案の定「ぶた」だった。
ふがふがとかわいいアニメが愛嬌をふりまく。


昔「1」をやったときは、それでもグリズリーだの蜘蛛だったのに。

  

2002/4/13 春
土曜日はねえ、朝起きてお風呂に入る。
半身浴で小1時間。
ひとり暮らしの贅沢だな。
洗濯機を回しながらってのが、生活臭の抜けないところ。
トマトジュースのんで、ベランダの鉢に水をやっていたら、
ぺたりと腰がぬけてマットに座り込んでしまった。
からだが動かない。
春の太陽と風に、からだが恋をしている。

ロマンティックなお部屋にうら若い美女だったら
絵にもなるんだろうけれど、
馬鹿馬鹿しさに、自分でもおかしくなってくる。
でもねえ、肌がちりちりとする春の陽射しと風を欲しがって
からだが動かない。

ぼうっと、今自分は恋をしているのかな、とか
考えていた。


  

2002/4/6 ジェームスの…呪い?
ジェームスごっこ(↓)なんかしてしまったものだから、
コンビニのワンモア(レジ横に置いてある商品)に目がいくようになってしまった。
ペットボトルのお茶を買いにいって、
コレクト倶楽部なんてラムネ(名ばかり)を買う。
吉村作治監修なんて書いてあって、箱にツタンカーメンとミロのビーナスがあるからさぁ。
手をのばしながら、あっこれはずれだと思って、
でもそこで手が迷うのも大人げないかなぁ…とか。
「ランバンの騎士」なんて可愛げも何もない。
中のカタログにはわたしがほしい古代エジプトものが、
ずらずらと並んでいる。ちぇっ。
ツタンカーメンとイクナテンとネフェルティティなんて、
今書いてる話の登場人物だってのに!!

でも買わない、もう絶対に買わないんだからねっ。

という話を、ちょっとくやしいから
くまくまにもしていない。


  

2002/4/4 ジェームス
ランチのときくまくまが
「チョコレートの好きな人」と聞く。
はいっと手をあげたわたしに「チョコだけあげる」と
チョコエッグクラシックがわたされる。
卵型のチョコを割ると、中に小さな組み立て式動物フィギュアが入っている。

「なぁに、ソレ?」
「ショック!! アオウミウシってなんなんだよ」
「はずれだなー、だいたい動物じゃないじゃん」
「二十何種類あるうち、動物じゃないのがあたるなんて、むしろあたりじゃない?」
テーブルは盛り上がる。
「名まえつけてあげれば、きっとカワイイよ」とわたし。
「ジェームス」誰かが言った。

で、当然だけれど、わたしはコンビニに走る。
買ってから気づく。
「ねえ、わたしもうひとつチョコをたべなきゃいけないの?」
「そうだよ」
テーブル中の視線を集めて卵を割ると
白フクロウが出てきた。
「やったっ、勝った。へっへ〜ん。アオウミウシより、パーツも1個多いよ〜☆」
doraちゃんも走る。
これはテカテカと超かわいいカエル。たぶん一番のあたり。

「マジ、ショック〜」
仕方ないなあ、とっかえっこする? 「うんっ」

かくしてジェームスは、わたしのパソコの根元に。
ところが色気のない机にぺったりと張り付く、毒々しい青のボディと赤白横じまの角が、思いがけずカワイイ。
くまくまにメールをうつ。
「ジェームス、かわいいよ。会いにおいで」


   

 

2002/4/2 言霊
職場の人間関係がチョットこじれて、右往左往する。
春の風は、人の血を濃くかきまわすのか。

言いあいをやめさせるために、内線でかかってきた電話に
「悪い、○○に今すぐ用を作って! 何か用ない? 引き離して電話口に呼べるように」と頼むわたし。
「わかりました、用ができました。呼んできてください」
応えてくれるかの女もエライ。

傍観しながら不安がるコ、バラケタあとの当人たち。
ひとりひとりにひとつを納得させるため、たくさんの嘘をつく。
…正確には、嘘とは言わない。方便だな。

んだから某サイトで「達観している」などとコメントされるのか、わたしは。

人とは、説得するものではない。
本人に自分の力で気づかせるもの。
そのための演出っていってもいい。
こう書くと、わたしって結構ヤなやつかも。

そんな騒ぎの中「ごめん、心配させて」なんて
天使な言葉に出会うと、膝がカクンと折れそうになる。

で、まあ、
「お願い、オトナになって」とわたしは言った。
あとになって気づく。
かれはわたしが、男をヒッパタイテいるところを見ている。
(しかもそのあと、説教された)
次にわたしが何かでキレたとき、きっと言われるんだろうな。
「オトナになろうね」


コトダマって言うでしょう?
自分の言った言葉が、木霊となって返ってくるって意味も
あるんじゃない、かな。

  

 

2001/4/1 ホントウの話
TVで、透視は嘘か本当かって番組が流れている。
だからわたしの体験を。
(4/1だけれど、ホントウのことデス)

ある未明、わたしは間違い電話で起こされ、中途半端に寝られなくなった。
少し本でも読もうとのばした手がつかんだのは、トランプだった。
ソリティア(一人遊び)でもいいか。


ぼうっとしながらトランプを切っていると、
何枚かのカードが裏返しになっている。
向きをなおそうと手を止めると、そんなカードはない。
何回か繰り返されて、気づいた。
ネボケマナコには、カードの向こう側が見えていたのだ。

1枚ずつめくって裏表を確かめるうちに、
さすがに少し目が覚めてきた。
「何よ、これ…」
ところが目が覚めてくると同時に、カードの向こう側は
ぼやけはじめた。
数がわからなくなり、形がわからなくなり、最後に赤か黒かも見えなくなる頃には、完全に目が覚めていた。

だから、自信を持って言える。
人間に透視能力は、あります。

あとね、予知夢もあるよ。
「なんでこんな変な設定の夢を見たんだろう」と覚えていると、
しばらくして突然、「今」がその設定になっていることに気づくの。
そんなんだから、何の役にもたたないのですけれどね。

スペシャルはNYのメトロポリタン博物館へ入ったとき。
大階段上って、あの角を曲がってこっちにいくと、
トイレがあることをわたしは夢で知っていた。
(実際は、ガードマンがそこまで通してくれなかったから、館内案内図で確認したんだけれど)

そこにいたはずなのに、忽然といなくなった人。
ふらふらと夜空を横切る光。(あの飛行機、おかしいと眺めていたら、消えた)
深夜にコメディ映画をみていたら、突然ホラーになった(映っているはずのないものが映っていた)

この世界には、畏敬に値するものがたくさんあります。

 

 

 

▲ TOPへ

◆ このサイト内の著作権はすべてサイト管理人が所有しています。 copyright AHARA Noliko all rights reserved.

inserted by FC2 system