あげんについて ブログ 過去の公演案内 ミュージカルの創り方 観劇・能・ダンス・大道芸とか
三茶deボランティア メンタルケア とか 八ヶ岳ライフ 食べもの系 日本人・考
お絵描きとか 旅のアルバム おもちゃコレクション 読んだ本とか でんでん日記
事件でした 大震災のあと ブログ以前の日々 14歳のわたし あげん に メール
2000/11
2000/11/27 ロック!!
先日の朝日新聞に、昔大好きだったロックシンガーの「その後」がでていました。ま、千葉で英語の先生をやってるのは、知ってたんだけれど。コンサートで片鱗を見せてたモン。

元VOWWOWのボーカル、人見元基!! (きゃーーーっ)
友だちに引きずられてオールナイトの追っかけもしたもんね。
まんが家をやってた頃だったので、男たちにかれの髪型をさせたもんね。

というわけで、この数日、TVで他の人がポップスを歌っていると、人見元基ならこう歌うのに!!とオーバーラップして聞こえる。
知らない人のために言うと、かれは類まれなる「歌い手」です。

わたしの血流は、結局ロックが一番波長にあうらしい。
エリザベートというミュージカルを観たときも、何がうれしいってトートの祐くんのロックがひさしぶりに聞けて(ジーザス以来か?)わくわくしたってくらいでして…。

この数週間、わたしはちょっとキズついていた。
人間に、社会に。
なんか、すごくキズついていた。
(正確には、自分がキズついていると認識することで、自分の気持ちにオトシマエをつけていた。子供だね)

で、本日の結論。
人間に癒しは必要ない。癒しは、何も産み出さない(たぶん)。
必要なのは、
ロック、つまり、「挑戦」なんだよ。「戦い」なんだよ。

明日の朝、目覚めても、同じ強い気持ちでいられるかは、保証できないけれどね…。
お笑いください。

そんでさ、
朝日新聞の記事がキッカケで、人見元基が復活しないかなー。
ロックシンガーをやめて先生になってから、お酒の量が減って、喉の調子がすごくいいって内輪のライブで言ってたそうだ。
ワインをあおりながら、あれだけのライブをしてたんだから、今の元基の歌、すごく聴きたいよ〜。



2000/11/10 こうして人はカシコクなる
勤め先のシャチョーは、実はパソコにあまりくわしくない。
でも、使いたい。
混乱している自分のメールソフトを「使えるようにしろ」とわたしに指示を出す。
ここはどーなってるんですか?と聞いても、「知らん」

しかたがないので、最近お世話になった業者に電話する。
担当者は不在。
「折り返し、電話させましょうか?」
「でもあの担当者さん、電話かけてくださるのに一週間かかるからなあ」
「(笑ってる)私でわかることでしたら」
たまたま電話をとった不幸な男、でもわたしの相談に困る。
「もっとくわしい者にまわしますから」
もっとくわしい男。
「今できることは今しましょうよ」
電話ごしに、操作を教わる。ふむふむ。
「でもそこで、こうなっちゃいますけど?」
「え?(困っている)あ、私よりくわしい者が帰ってきましたから」
もっともっとくわしい男が、電話口に出る。
「どうしました? ああ、そこはね」
それはそれはコトコマカに、教わる。
「じゃあ、試しに送りますよ。え、ダメ? うーん」
「もしかしたら、もう一度お願いします。あ、受けとれた」
「よかった。今度は返信してみて。で、この場合はですね」

顔も知らない、あなたたちは天使です。
そしてわたしは、パソコについて、もう少しだけくわしくなりました。



2000/11/6 街のスケッチ
渋谷のちょっとはずれにあった文具店「I」が、駅ビルのデパート内に移動して、便利になりました。
さて今週になって、スタッフの対応が一変し、デパートモードになっていました。そりゃもう、ご丁寧な応対にご挨拶。(なんだか意地になってない?)
同じお店が二子玉川のデパートにも入ってますが、フロアが専門店扱いになってるせいか、もっと普通なんだよなあ。
内心笑いながらも、お疲れ様…と頭がさがりました。

住んでる場所(世田谷区)でも勤め先(文京区)でも、違法駐車の自転車撤去が盛んです。ところで違法駐車している自転車の列を見ると、足蹴にしてドミノ倒しをしてみたい衝動にかられるのは、…わたしだけ??

あと、電車の中の携帯電話。
これだけ社会的な話題になっているのに、平然と使っている人を見ると、その前で「ううっ」と心臓を押さえてうずくまってみたい衝動にかられる。
「わ、わたしの心臓のペースメーカーがぁっっ」って。(入ってないけれど…)



2000/11/3 ちょっと気が早い…

  

2000/11/1 オルモーの車
久しぶりにグランパパ(おもちゃや)へ行く。
人に話しているうちに、思い出してほしくなったおもちゃがある。

数年前、オーナーのコレクションの一部が売りに出された。
フランス製の木の車のこのシリーズ。
そういうわけで、一種1台ずつ。20種(20台)くらいあったか。

「残ってる?」と尋ねると、ありました。
新宿店での最後の1台は、わたしのことを待っていた。

よくみると、パーツの木目がつながっているのが、わかりますか?
もちろん、バラバラになります。

その晩は、
にまにましながらメンテナンス。

興味のある方は、グランパパ青山店にお問い合わせください。
在庫があれば、ラッキー。
…輸入の予定はないはずです。

▲ TOPへ

◆ このサイト内の著作権はすべてサイト管理人が所有しています。 copyright AHARA Noliko all rights reserved.

inserted by FC2 system