あげんについて ブログ 過去の公演案内 ミュージカルの創り方 観劇・能・ダンス・大道芸とか
三茶deボランティア メンタルケア とか 八ヶ岳ライフ 食べもの系 日本人・考
お絵描きとか 旅のアルバム おもちゃコレクション 読んだ本とか でんでん日記
事件でした 大震災のあと ブログ以前の日々 14歳のわたし あげん に メール
2000/6・7
2000/7/15−16 那須の温泉
久しぶりに温泉へ行く。
ありがたいのは、行きたいといえば、
一緒に行く友人たちがいるということ。
宿だって、探して予約してくれる。
Yは、わたしが北海道のゴーカートで
最初のターンを芝桜にぶつけてから、
ずっと運転をさせてくれない。
(甘んじて、よろしくねとまかせるわたし。
チョットずるいかも)

ペンションあじわい。(HPあり・検索で探せます)
安くて、お料理も値段の中で超工夫してておいしいし、
GOODでした。
お風呂は内風呂って感じです。

次の日は動物王国と
ワールドモンキーパークへ。
おサルといっぱい遊んで、バッグの中から
キャンディを取られて、
少しサルくさくなって、楽しかったです。



2000/7/13 仕事始め
赤の他人といえども、ヒトには誠意を尽くしたい。
自分でも気がつかない一面を
気づかせてくれた職を辞して、半年。
その間、パソコンで遊ぶことを覚えたけれど、
そろそろ収入を、と。

いろいろな会社に面接に行きましたが、
世の中いろいろな意味で
くだらない人たちで構成されているなあ、と。
その中でチャーミングな人と出会えると、
気持ちいいです。

三重苦の履歴(自由業歴・年齢など)を
背負うわたしに、
正社員の壁は厚い。

学生以外は、バイトといわずパートというんだってね。
お気楽な作業に、定時間ならいいや。
の、つもりだったけど…。

パソコン業務まじりの、一般事務。
小さな出版社です。



2000/7/4 ジンマシン〜〜〜っ!!
るそばのね、
おつゆに生卵の黄身と
ネギの小口切りをたっぷりいれて
食べる。おいしいんです。
(つゆには半分つける。
 一口の、最初はナマなそばの味を楽しみ、
 後半は濃い味をずるずるっ、と)

卵を割りいれた時、「あれ、古い」と思ったけれど、
食い意地が先に立ってしまいました。
たぶん、あの卵です。
次の朝には半身、「カイカイ」が…。

はじめ、「やだ、虫かしら」と思ったけれど、
左太ももを見たら、死にたくなるほど一面の
ぽつぽつ、カイカイ。
蟻の巣の上に座っても、こんなにはならない。

その日、友人のSさんのシャンソンの発表会。
夏の薄い長袖を着て、からだを隠したとしても、
でもシャンソンの客席で、からだをぼりぼりぼりと
掻いてるわけにはいかないでしょ??
欠席…。

同じ理由で、プールも当分欠席。

友人D、「あげんらしくない〜っ」
と、笑った。おいおい、笑い事か?

だからみなさま、
冷蔵庫内とはいえ、夏の古い食物は、
もったいないがらずに、バシバシ捨てましょう。



2000/7/1 土曜日の大冒険
天気もいいし、洗濯大会。
昼過ぎて、風が少し出てきたようだけれど、気にせずパソコンに夢中になっていた。
3時だ、洗濯をとりこもう…としたら、ハンガーにかけたTシャツが2枚足りない。
下を覗くと、あった。ガレージの屋根の上。

いまだ面識のない同じマンションの二階へいき、
「すみません、洗濯物を飛ばしまして」
傘まで借りて手を伸ばすと、1枚は届いた。

残り1枚。
ガレージの屋根に登るしかないじゃない。
金網をのぼって、屋根に手をかけて、塀の上を屋根に沿って歩いて、木に抱きついてからだを持ち上げ、屋根に座って、足を持ち上げ、立ち上がって屋根を歩いて、拾う。
帰りはその逆。

それからケーキ買ってお二階さんにお詫びに行って、
あーっ、もうっ。
汗だくの1時間でした。



2000/6/25 マイブーム1/スイミング
約一年前、スポーツクラブに入会。
でも基本的にからだを動かすのが好きではなくて、
さぼりまくり。
会費がもったいないったら。
ただ、背筋を伸ばすことをしておかないとからだが固まって、
気が付いたら腰が曲がったまま…なんて嫌だ。
というわけで、
ようやく、
ものすごいマイペースで泳ぎ始める。
一年続いたら、新しい水着を買おう。
週に3000Mが目標です。

そしたらね。
他のことをして起きる筋肉痛が
ちゃんと次の日に来るようになって、
かなりうれしいのだった。
(今までは、次の次の日でした)



2000/6/25 マイブーム2/食べ物編
粉スープ。きのこ味がお気に入り。
ピザトースト。応用して、ハンペンにチーズとホットタコスソースをかけて、フライパンで焼く。
水ギョーザ。たれに白ごま・コチジャン・ツァンサイを入れる。美味。



2000/6/25 つれづれ思うこと
最近の子供たちが命の大切さを実感できないことのひとつに、
「最近のまんがは主人公が死なない」からではと思い当たる。
わたしが子供の頃、
主人公が死ぬことが美学(?)でさえあったし、
自分がいなくなる喪失感を疑似体験できた。
最近のまんがは、周囲は本当にどんどん死ぬけれど、
主人公は絶対死なない。
どんなひどいメに会っても、
絶対無事に生き返ってくる。

なんで思い当たったかというと、
ビデオで「アルマゲドン」という映画を観たあと、
妙な違和感があったからでした。
なぜだ??
ブルース・ウィリスが死んだから。
どんな映画でも、かれは最後には生還してたのに。

たとえば「フランダースの犬」のラストに泣いた人はね、
(泣かない人もいるのかな) 
他人の夢を大切に思い、他人の人生を思いやる気持ちを、
心のどこかに埋め込むと思うのです。
どうでしょうか??



2000/6/25 20年ぶりに創った人形
(服の型紙をとる段階で、ストップ)

  






▲ TOPへ

◆ このサイト内の著作権はすべてサイト管理人が所有しています。 copyright AHARA Noliko all rights reserved.

inserted by FC2 system